メニューデザインを考えるときのポイント

メニューブックメニューブックのデザインの完成度によって、お店の売上が大きく左右されることがあります。そのお店がもつ印象や実際に出されるメニューとあまりにも違うメニューブックのデザインであれば、どれだけ良い商品でもお客さんにきちんと伝えることができないことがあります。そのため、メニューブックのデザインは絶対にお店や商品を連想できるようなものにしましょう。それが、ポイントの一つです。
メニュー表というのはただの料理名の羅列ではなく、飲食店にとって最大の販促手段なのです。そしてメニューブックというのを通して、お店側が持っている思いや料理の魅力を伝えることもできるのです。来店したお客様すべての人が必ずメニューブックを開き、何を注文しようか、と考えるでしょう。そのとき、よくできたメニューブックであれば、お店の従業員の代理として宣伝・広告を行ってくれるのです。食べた時の味や触感をイメージさせるような、食欲をそそる画像がメニューの中に掲載されているだけで、お客さんの食欲がそそられます。そうして、注文してもらえることは少なくないのです。
逆に、売りたい商品があったとしても注文が入らなければ売り上につなげることはできないのです。メニューブックのデザインは非常に大きな役割を果たすことになると言えます。メニューブックは、文句ひとつ言わず、毎日働いてくれる優秀なセールスマンと言えます。
注文をコントロールし売りたいと考える商品にピンポイントで注文が集中する入るよう形でメニューブックを作るにはどうすればよいでしょうか。売れるメニューブックの基本は何でしょうか。それは、見やすさです。メニュー表をのぞいた時に、なにがどこにあるかすぐわかるようにするとよいでしょう。文字がたくさん書いてあるよりも、写真やイラストが入っているほうが見やすいでしょう。