ネーミングで勝負する

今まで売れなかったメニューも名前を変えて大ヒットということもあるそうです。

他店との差別化をするときに、コンセプトを明確にするということがあると思いますが、料理の名前にそのコンセプトを込めるというのもとても大事だそうです。

料理のネーミングは他店との差別化を図り、自分の店のオリジナリティをお客様にアピールするものだと思います。

オリジナリティのある商品というのは、お客様の購買意欲を刺激するそうです。

営業のコンセプトや商品のコンセプトをそのまま当てはめるといいということではないそうです。

お客様が引いてしまうような売る気満々の商品名ではネーミングとしては良くないそうです。

ネーミングにあたって、商品との相性が良いこと、商品がいきいきと感じられること、お客様に親しみを持ってもらえることなどが大切だそうです。

中華料理というのは、料理の調理法によって名前が分けられていたりするそうです。

麺類でも、坦々麺や五目ソバ、スーラータンなどなど、たくさんの種類の麺類料理があります。その名前も味が想像できるようなものが多くて、お客様も選びやすくなっているそうです。

こういったことを参考にすれば、売れる商品のネーミングがどんどん思いつくかと思います。

ネーミングの方法は、使用材料から商品名をつけたり、調理方法から商品名をつけたり、料理の味をテーマにしたりするというものがあるそうです。

また料理の形から諸品名を付けてもよいですし、料理の色をテーマにつける方法もあるそうです。

そのメニューを作ったときの季節や歴史上の人物の名前を入れるというのもあるかと思います。

古典や伝説や歴史上の物語でもよいと思います。

形容詞を使ってもよいですし、数字を使用してもよいと思います。