ボリュームを変えて名前をつける

ネーミングにはいろいろあるかと思います。

地名ならば埼玉ラーメン、歴史なら江戸ラーメン、人物ならば店主の名前にラーメンを付けたり、食材なら、たっぷり白菜ラーメン、店名をつけたラーメン、調理法なら石焼きラーメン、生活からならお昼のラーメン、勝手に作ったものでもいいと思います。

これ以外にも料理のボリュームで料理名をつける方法もあると思います。

お客様が飲食店に求めるものというのは、安い、ボリューミー、早い、の3つだと思います。

これらは外食の三原則というものになるかと思います。

とはいえ、この3つは客層によって感じ方が違うそうです。

学生や若い人と高齢者のボリュームの感じ方は違うと思います。

学生や若い人はとにかく量が気になるところだと思います。

だからといって、デカ盛りというのを中心にもってくるというのは違うそうです。

ボリュームが多いというのは1.2倍ぐらいがいいそうです。

また量が多すぎると他のメニューのオーダーをしてくれなくなるということにもなるそうです。

ボリュームを多くしすぎると原価も高くなりますし、あまりいいことはないようです。

このボリュームで儲けを出すには、原価を下げる方法を見つけ出すことが大切なようです。

これを解決するためには料理に使用される材料を工夫してみるというのも大切です。

組み合わせる食材で原価を下げる方法があるそうです。

高級食材に安価な食材を増してボリュームがあって原価も安いということにしたらいいそうです。

料理の価値が変わらないように考えていくことが重要です。 ボリュームで勝負をするときは、極端なテレビに出てくるような量ではなくて、なおかつ原価を計算し利益が出るように考えて欲しいそうです。