メニューに写真や説明を付けると頼みやすくなる

「提示されている商品のメニュー名から連想した料理と、現実で提供された料理との印象がかけ離れている」といったイメージの相違を防ぐことは大切です。お客様にメニューの特徴やウリをわかりやすく説明するためには、メニューに写真や一言コメントを沿えるのが効果的だと思われます。メニューについて口頭で一つ一つ説明をすると、「面倒」「うるさい」という印象を抱かせてしまうかもしれません。そこで、何を注文するか考えている時に、自然と目にするメニューに情報を添えることで、お客様のタイミングで自然と特徴をつかんでもらいましょう。文字のみで構成された簡素で冷たい印象をうけるメニューや、ただただメニュー名と写真のみを並べたのみのメニューというのはなんとなく味気ないものだと言えます。デザイン性が高い文字や美しさやあたたかみをあたえる画像、メニューを囲う枠などを各種装飾を利用してみましょう。魅力的なメニューブックを作成するように心がけましょう。イラストやフォントの素材は、インターネットから無料ダウンロードできるものもあるようです。個人店のあったかみをいかしたお店等の場合は、手書きの味が活かせる場合もあります。しかし、オシャレなカフェやレストランの場合は、こうした素材を使ってデザインをしてみるのも良いでしょう。本格的なメニューブックを1冊から印刷してくれる業者もあります。しっかりしている感じを出したい場合は、利用してみるのも良いでしょう。ここでのポイントは、メニューに写真や説明を付けると読みやすくなるということと、メニューブックデザイン&制作の専門店をうまく利用して作ってみようということです。メニューブック作りには、こうして、工夫して、よく考えることが大切と言えます。手作りでもできますし、メニューブック専門店を活用するのも良い方法だと言えます。様々に創意工夫してみましょう。