メニューデザインは見やすさを考える

文章を記載していく、というより、イラストを描きあげる、という感覚で作っていくように心がけましょう。また、読み手の視線の動きを意識して作るようにしてみましょう。人間の視線というのは横書きの文章の場合は左上に、縦書きの場合は右上にまず注目するのです。一番売りこみたいメニュー、つまり利益のとれる売りたいメニュー(おすすめメニュー)から、最初に目に付きやすい場所に配置することを心がけましょう。
また、見やすさを重視するには、商品ごとの間隔に余裕を持たせるようにしましょう。1ページ内に商品を大量に詰めすぎないように注意しましょう。空白がもったいないと思う人もいるかもしれませんが、その空白こそが余裕をうみだし、空白の横の商品を引き立てることにつながるのです。
それから、注文したい商品がすぐに探せるように、お店のコンセプト等に合わせて提供商品のカテゴリー分類をしていきます。メニューをカテゴリー分類することで、見やすさが向上します。お客様に選ぶ楽しさを体験してもらうことができるのです。特に提供する商品の数が多い時にはカテゴリー分けが重要になります。その次は、商品の掲載する順番を考えましょう。これは、読み手の心理を突く方法で、実際に効果が実証されているものです。大半のお店では、商品価格の安い順に掲載しています。しかし、それでは価格で比較されてしまい、どうしても一番最初に掲載してある商品に目がいってしまうことになります。実際、同じカテゴリーの中で、価格が安価な順番に並べていってしまうと客単価が上がりづらくなるのです。そこで、売りたいメニューを一番はじめに持っていきましょう。あとは、売りたい順にあえて価格をバラバラに配慮しましょう。そうすることで、お客様が価格で選ぶより、商品名で選ぶことができるようになるのです。