メニュー表を自作するメリット

これは、言わずもがななのですが、自身で作ればメニューブック作成にかかるデザインや撮影の料金等がかかりませんので、圧倒的に安上がりに済ませることが可能となります。仮にメニューを入れるおしゃれなカバーやファイルを新しくしても数万円ぐらいの出費で済みます。手が届きやすい金額といえます。仮に、誰かにデザイン原稿の入力・制作を依頼したとしても、デザイナーに丸投げするより、かなり安くできます。飲食店のメニュー表は、定期的に内容を変えましょう。
メインとなるメニューブックを何年も変更せずにいると、鮮度が落ちます。どうしたって、常連さんが飽きてしまいます。新商品がでたらポスターやPOPでPRすればよいと言っても、メインとなるメニューブックに載っていなければ、気が付きにくいのです。
メニュー表の制作を依頼する場合、当然、ページ数が増えてしまったら、料金も大きく跳ね上がります。ですからやたらと情報を増やすわけにはいきません。
ですがメニュー表では、商品の情報以外にも、載せる内容がたくさんあります。例えば、お店のこだわり、宴会コース、お土産メニュー、人気ランキングなど、載せた方が売上アップにつながる内容がたくさんあります。メニューブック作りを何回かこなして普通にできるようになってしまえば、応用として写真や文章を使って、簡単に、綺麗なポスターやPOPを手作りすることができるのです。特におすすめの看板メニューや、店長のおすすめ、人気ランキングなどのポスターを使ってアピールすれば、売りたい商品がさらによく出るようになります。