旬の料理のメニューを開発する

お店には定番のメニューがあるかと思います。

また、メニューを開発する場合も、お店のグランドメニューとなる料理を考えて開発していくと思います。

その定番メニューやグランドメニューが決まって、お客様も受け入れてくれるようになっても、利益が増やすためには、季節のメニューを開発することが大切だそうです。

飲食店は売り上げが一定ということはないということで、荒利益は同じでも純利益が同じとはいかないそうです。

そういう意味でも季節のメニューを開発して欲しいそうです。

季節のメニューとすると、年に四回は入れ替えがあるかと思います。

そうするとメニューの鮮度が保たれるという利点があるそうです。

別メニューとしても考えられるということですが、この開発の要となるのが旬の料理となるそうです。

旬ということで短期間というイメージをお客様がもって下さることも多いそうで、今食べなければということから注文につながるそうです。

売れる、儲かるということを考えたら、旬のメニューを開発すべきだそうです。

お客様は食品売場などで「旬」の野菜などが高いことを知っているそうです。

そのため、売り場で見かける「旬」のものが割安で提供されていると感じると、注文に繋がりやすくなるそうです。

また割安感が大きくなると、連続して来店する動機にもなるそうです。

もともと旬ということで高めの値付けをしているのだから、そこを割安な感じを出せたらお客様の満足度はとても上がると思います。

また「売り切れ」などという文言がメニューブックや黒板メニューなどに書かれているとお客様は欲望をつのらせたりするそうです。

旬の料理は販売期間が短いので、お客様も食べるチャンスを逃したくないと考えるそうです。

この心理を利用することで、次の来店につながるということだそうです。