飲食店はメニューが命

飲食を取り扱っているお店には、お客さんが昼食をとったり、お酒を飲んだりするなどの目的をもって来店されると思われます。衣服を取り扱うお店など、他の業態との大きな違いは、「飲食店のケースなら、お店に入ったお客さんが必ず何かしらを注文してくれるはずだ」という点なのです。また、お気に入りのメニューがあったり、パソコンやスマートフォンアプリなどを先に見てこられます。入店するときは「今日は絶対にこのメニューを頼もう」と決めてこられるのです。ところが、お店の中の看板などで「本日の限定メニュー!」などを目にすると、気分で注文するメニューを変えられることがあります。「わかめうどんが280円なら、お手頃価格だからお店に行ってみよう」と店前の看板を見てうどん屋さんに行ったとしても「うちのお店の人気メニューベスト3」などと書いてあるのをみると、つい天ぷらやいなりずしを頼みたくなりますね。といった具合で、飲食店のケースなら「お客さんは絶対に何かしら注文してくれる」というめぐあれた業態なのです。かつ看板やPOPやメニューを使って訴求をすれば、比較的簡単に追加注文や高額メニューのオーダーを取ることも可能な業態なのです。
では、飲食店のメニューにおいて気を付けるべきことはどんなことがあるのか見てみましょう。最初に気を付けていただきたいことは、「お客さんが目にするメニューブックが清潔に見えるかどうか」という点なのです。これから食事やお酒を楽しもうと思って入ったお店のメニューが、いくらデザインが良かったとしても、汚く見えてしまう状態では、お客様のテンションは、下がってしまうと言えるでしょう。メニューは、レミネート加工をするなどしましょう。毎日しっかりと開店前に拭くなどしましょう。もちろん、ラーメンなど油の多い業態では、お客様がお帰りになるごとに、テーブルを拭くのと同時にメニューも拭くようにしてください。このような注意をしっかりすることが、お店の印象を良くしていきます。飲食店では、印象が大変大切です。メニュー表も、お店の印象を作り上げるのに大きな役割を果たしています。きれいで清潔なメニュー表を心がけましょう。