まずはメニュー表作りのポイントを理解して自分で手作りしてみる

メニュー表づくりによって、お店の特長を理解してもらったら、その上であなたが一番売りたい物を、多く注文してもらいましょう。そして、より価値のある(高額)商品を頼んでもらいましょう。一人当たりの注文点数を増やすことが目的なのです。メニュー表は、たとえ言葉を発しなくても、お店の良さを十分に伝えてくれるスタッフなのです。もっと言えば、無意識のうちに宣伝屋さんになってもらわないと困るのです。もちろん、デザインは大切です。しかし、「献立の内容が分かりやすくて見やすい」ことや「写真がパッ見、綺麗に見える」ことだけで終わってしまうのでは、お店の売上は上がらないのです。せっかく作ったのは良いのですが、変わったのはデザインだけで、売上の変化に何も貢献していないようでは、ただの自己満足となってしまいます。そうならないように、メニュー表の中に、献立内容だけではなく、もっと売上を上げるための要素を取り入れていきましょう。つまり、人間と同じです。一番大切なのは中身です。メニュー表は、見た目の美しさだけではないのです。何をどう伝えるか?のほうが、もっと大事ということなのです。そこで、まずは、高いお金を払ってデザイナーに依頼する前に、売上を上げるためのポイントを取り入れたメニュー表を、あなた自身で、作成してみるのはどうでしょうか。ワードやエクセルを使って、手作りしてみましょう。意外と良くできるのです。そして、実際にその効果を試してみるのです。それから、改めてプロに依頼して、作ってもらっても良いでしょう。また、全く同じものを綺麗に作り直してもらうのも良いでしょう。自分で作ってみることによって、自分のお店のことを良く把握できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です