料理のネーミング

例えばパスタ屋のメニューを考えてみましょう。「ペペロンチーノ」ではなくて、「青森県田子さんの無農薬にんにくをたっぷり使った絶品ペペロンチーノ」というメニューのほうがおいしそうに聞こえますね。自分のお店のメニューを、「これから注文をどうするか選び悩むお客さんの視点に立って」再度すべて見直しをするのです。作り方を工夫してみることをおすすめします。
また、ネーミングとともに大切なのが、「商品写真をメニューに入れること」と言えます。これは手書きで作ったメニューも同じことが言えます。お客さんが腹ペコな時に、それぞれ魅力的な名前のメニューの欄においしそうな写真があったらどうなるでしょうか?「200円高いけど、こちらのほうがおいしそうだから頼んじゃえ!」とお客様の財布のひもを緩ませることができるでしょう。「特製ビーフカレー単品800円 トッピングチ温泉卵150円」と無機質に書いてあるのではなく、その横にとろっとろの温泉卵がかかっているカレーの写真があったらどうでしょう。さらに、「とろっと温泉卵150円!」と書いてあるほうが注文率が高まるでしょう。ネーミングで興味を持たせ、写真で意思決定させる、ということを忘れないようにしてください。さらに飲食店で客単価アップを実現するために大切なことがあります。「セットメニュー」を多数用意するのです。カレー単品ではなく、食後のドリンクのセットだといくら、サラダをつけるといくら、大盛りにするとをするといくら、複数トッピングをするといくら、など、です。「お客さんがうっかり頼みたくなるセットメニュー」を「単品で頼むよりも安く」提供すること、またそのお得なセットをしっかりとメニューに写真付きで載せることで、オーダー意欲を高めるということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です