スタートは、いつもメニュー表作り

飲食店の店舗経営をされている方など、経営者は常に収益の数字との睨めっこの日々であると思います。しかし、実際に数字を追い続ける日々に、目標を見失っている人はいませんか?

皆さんが経営者として、店舗をオープンさせた当初は、どんな目的で、日々前進していたのでしょうか?収益の数字を伸ばすことは、とても重要ではありますが、数字を確保することは当たり前の前提として、一度、経営者として店舗の在り方を振り返ってみませんか?

 

先日、そんな記事を、あるビジネス系の雑誌の特集記事でみかけ、自分自身に問いかけてみることにしました。私自身が、店舗経営を開始したのは、10年前にさかのぼります。まずは、脱サラをすることが、当初の目標でした。脱サラができれば、何でもよかったのかもしれませんが、なんとなく、選んだ道が喫茶店のオーナー業でした。オーナーと言っても、オーナー兼、マスター兼、ウェイターです。言うなれば、店舗経営に関する全ての業務を自分自身で行っています。軽食とドリンクのみの喫茶なので、従業員が必要ということもなく、順風満帆とまでは言いませんが、そこそこ中年の独身男が生活していくような稼ぎはあります。ほぼ、毎日、同じような業務をこなす中で、本来、何を目的でお店を持ったのだろうか・・・、自分自身に問いてみても、明確な答えはみつかりませんでした。ただ脱サラしたければ、何でもよかったのだろうか・・・?当時の自分を思い出しながら、サラリーマン時代、徹夜をしながら手書きで作成したメニュー表を手に取って、あの日々を思い返していました。何の為に、自分は喫茶店を経営しているのだろうか・・・。10年前に作成したままの、古びたメニュー表を見返していると、なんだか、ただ一所懸命だった自分が懐かしく思い返されてきました。あの時は、ひたすら脱サラが目的で、只々お店をオープンさせたくて、慣れないサービス業に悪戦苦闘し、日々努力の毎日でした。なんだか、忘れてしまうものなのですね。たった10年前の自分のはずなのに、別人のように思い出していました。手書きの武骨なメニュー表を眺めていると、あの日は、自分自身が想い描いたように脱サラを無事遂げ、何事もなく10年間お店を続けて来れたのだから、ここからまた、目的をみつければ良いのだと、新たにメニュー表を作成する意欲が湧いてきました。10年前もメニュー表を作ることから始めたのだから、今回も心機一転、メニュー表を作り直す作業から再スタートしたいと思います。振り出しに戻ったように、努力の日々を始めれば、またどこかに辿りつけるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です