メニューの開発ポイント

メニュー表は、お客様が料理を選ぶ入り口だといえます。

黒板を使ったり、シートを使ったり、ブックを使ったりいろいろあるかと思います。

メニューの数を厳選して、メニュー表を薄くしたりするとオシャレなものになったりします。

居酒屋などの場合、品数が多いイメージがあるかと思います。

メニューの多様化で何でも食べられる飲食店というイメージもあるかと思います。

刺し身や焼き鳥、たこ焼き、ピザ、ラーメン、寿司など何でも出すお店もありますし、回転寿司のチェーン店がカレーやパスタ、ラーメンを出すということもあるようです。

そのため、逆に焼き鳥だけの店や鳥料理だけの店というのも注目を集めているようです。

焼き鳥屋と言えば原点は焼き鳥で、メニューは限られてしまうということもあるかと思います。

そのためメニュー表には焼き鳥の種類だけということになりそうです。

けれど、ここでタレの種類に拘ってみるのもいいかと思います。

醤油タレ、塩だけではなく、味噌タレなどもいいかと思います。

また、インド、タイ、中国、韓国、イタリアなど国によって違う調味料を並べてみるのもいいようです。

新しい焼き鳥を提案するというコンセプトでいくと、創作焼き鳥料理ということもできると思います。

鶏肉はいろんな味に対応できる素材だと思います。

ここを利用してタレの品揃えをメニュー表に載せていくというのはお客様も楽しめるかと思います。

自慢の一本をお客様の好みのタレで食べさせるというコンセプトでメニューを開発していくということも出来ると思います。

メニュー表はいろんなアイディアを載せることが出来るはずです。

メニュー表での表現を考えていくことも、メニュー開発に役立つと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です