メニューの作成手順

飲食店のメニューを作る際に、カレーやサラダのような単一的な食材が中心となる料理であれば、写真も撮りやすく、美味しそうに作ることはできるわけですが、とにかく素材がごちゃごちゃとしていて、たくさん使われている場合などは、悩むことが多いかもしれません。一般的に言われている通り、アクセントとして用いられる食材の多くは、このような様々な食材を用いた料理を安定させるために、使われるという場合が多く、結果としてメニューなどを綺麗に彩ることになるという風にも言われているようです。様々な料理の中で、例えば、肉料理などでは、同じタイプの色がずらっと並んでしまう場合が多く、あまりメニュー映えしないことが弱点であるという風に言えるかもしれませんが、そのような際には相対するような色の食材を用いて、セパレーティングすることで、区別が付きやすく、より、美味しくを作成することができるというふうに考えられるわけです。難しいメニューの一つと言われる刺身などの場合には、食材以上にダイナミックさを表現するということが何よりも重要である、という風に言われることが多いとされているようですが、実際のところその通りでたくさん食材があったとしても、その全ての食材を超えるようなダイナミックな写真が撮らなければなかなか頼む人も多くないかもしれません。居酒屋などではむしろ逆に、写真の方は工夫がきいていて、ダイナミックだが料理が小さくまとまってしまってがっかりしたというような経験をしている人は少なくないかもしれません。あくまでも、実物に即した形で写真を撮影することは重要であるという風に言ってしまっていいのではないでしょうか。当然、写真を撮影する際にはさまざまな角度から見て最も有効であるような角度を見つけることも忘れてはならないことだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です