笑顔のちから

バリバリのビジネスマンやキャリアーウーマンが定年退職を迎え、社交的な時間が減ってしまうことで顔つきが変わってしまったなどと思われることはありませんか。あの人、会社を辞めたとたんに急に老け顔になったなどと言われる方は、社交の場が急激に減少した結果、会話の機会が少ないことから表情筋が弱まってしまったのかもしれません。表情筋の衰えが若々しい表情から遠ざかっている人も少なくないようです。ご家族のお顔の表情が冴えないなどと感じたら、会話や社交の場へのお出かけを増やすご提案などをしてみてはいかがでしょう。表情筋が弱まると「咀嚼」の力も弱まり、食欲低下などから病気がちになる方もいらっしゃるようです。最近、職場から遠ざかったご家族の笑顔が減ったと感じたら、会話の時間やお顔のエクササイズなどをに日課として取り入れてみるのはいかがでしょう。歯科の定期検診などで、表情筋や咀嚼の筋力を保つための口内エクササイズなどを伝授してくださる歯医者さんもあるようです。